Google Homeを購入したので開封レビューと初期設定を画像で解説!

2017年10月6日にGoogle Homeが日本でも発売開始されましたね!

本日「Google Home」を購入してきたので、発売開始から一か月と今さら感はありますが、開封レビューと初期設定の流れを解説したいと思います。

ビックカメラで購入

今回購入したのはビックロ ビックカメラ 新宿東口店。1階の一番目立つ所で店内販売されていました。販売のお姉さんに色々と聞きながら実機を触って試してみました。

価格は以下の通りでした。

  • Google Home  :14,000円(税抜き)
  • Google Home Mini:6,000円(税抜き)

そしてビックカメラのキャンペーンで、両方同時購入すると3,000円(税抜き)の割引き!

事前に価格.comで相場は調べていましたが、それらよりも安いのでは?

ということで、迷わず2台同時購入しました。合計金額は14,000円+6,000円-3000円=17,000円(税抜き)▼

ポイントカードを忘れたので、ポイントは貰い忘れました。

ビックロの紙袋を持って、オフィスへ持って帰ります。

開封の儀

袋の中を見てみましょう。じゃじゃ~ん▼

左側がGoogle Home Mini、右側がGoogle Home。

こちらがGoogle Home(14,000円)▼

こちらがGoogle Home Mini(6,000円)▼

Google Home Miniについてはまた別記事で紹介します。

Google Homeの箱の背面▼

Google Homeの箱の横面①▼

Google Homeの箱の横面②▼

CMでお馴染みの「OK Google」で話しかけようと書かれています。

箱を開けてみましょう。▼

パカ~▼

Google Homeさんこんにちは▼

全体が露わになったGoogle Homeさん。シンプル▼

裏面もシンプル。マイクのオン/オフのボタンと、電源の状態を示すライトの下にはGoogleのロゴ「G」が▼

同封物はリーフレット3枚と電源アダプタ▼

電源アダプタも可愛らしい▼

初期設定

ここからはGoogle Homeを使うまでの初期設定の流れを画像で解説していきます。

設定①電源ケーブルを繋げる

Google Homeを使うためにはまず、本体の裏面に電源ケーブルを挿し、コンセントに繋ぎましょう。

設定②アプリ「Google Home」をスマホにインストール

続いて、Google Home本体をセットアップするために、お手持ちのスマホやタブレットにアプリをインストールしましょう。今回はiPhone Verで解説します。

App Storeで「Google Home」と検索すると一番上に出てきます。カテゴリはなぜか「エンターテイメント」▼

容量は141.1MBとのこと。画像の説明は英語ですが気にせず「入手」をタップ。自分が12歳以上であることを確認し、インストールしましょう。▼

しばらくするとiPhone本体にダウンロード&インストール完了!▼

こちらからもダウンロードできます。

設定③アプリとGoogle Homeデバイスを連携させる

アプリを開きましょう。「Homeへようこそ」とお出迎えしてくれます▼

右下の「使ってみる>」をタップ。

Googleアカウントと連携する必要があるようです。私の場合はGmailアプリ等を入れているので、既に利用しているアカウント一覧が表示されました▼

連携させたいアカウントを選択して右下の「OK」をタップ。

自動で「Google Home」デバイスを探してくれます▼

見つかりました!▼

右下の「次へ」をタップ。

Google Homeデバイスへと自動で接続してくれます▼

接続されるとデバイスから「ぷりっ?」っと音が鳴ります。そしてアプリ画面はこんな感じに▼

近くにある他人のデバイスと間違えて接続しないための対策なのでしょうか。音がはっきりと聞こえたら右下の「はい>」をタップ。

デバイスを使う場所を選びましょう▼

「ベッドルーム」と「メインベッドルーム」に分かれている所にUSAを感じながら、今回は「オフィス」を選択▼

右下の「次へ」をタップ

Wi-Fiを選択しましょう。ひとつ選択したら右下の「次へ」▼

Wi-Fiのパスワードを入力して右下の「接続」をタップ▼

自動でWi-Fiに接続してくれます▼

無事、Wi-Fiへの接続完了しました▼

設定④Googleアシスタントの設定

Googleアシスタントとは、Google Home(デバイス)にも内蔵されているAI(人工知能)を使った会話型サービスです。

Wi-Fiへ接続されると「Googleアシスタントの設定」へと移ります▼

内容を確認して「次へ」

個人情報を提供する際の規約への同意みたいなものでしょうか。内容を確認したら、右下の「有効にする」をタップ▼

エラー?一部が制限されている模様▼

とりあえず「OK」を押して先に進みます。

アシスタントが”私の”音声を認識・識別できるようにしてくれる模様。右下の「使ってみる>」をタップ▼

マイクを許可しましょう▼

「OK Google」「ねぇ Google」と2回づつ話しかけましょう▼

音声認識は以上で終了。「次へ」をタップ▼

続いて、位置情報を許可。▼

自動で住所を入力してくれます。番地までぴったり正確!さすが▼

音楽ストリーミングサービスを無料トライアルできる模様。とりあえずスキップ「次へ」▼

最終確認。「次へ」▼

設定完了!▼

「続行」をタップ。

初めてのGoogle Home体験

Google Homeを試せる言葉のリストが出てきます。▼

何か話しかけてみましょう。

私は「OK Google, 今日はどんな日?」と聞いてみました。

すると「こんばんは〇〇(←名前)さん。現在の時刻は19時10分です。新宿は現在11℃、晴れです。今夜は10℃、晴れるでしょう。では素敵な一日をお過ごしください」と答えてくれました^^

実は設定途中でエラーも出たりしたのですが、その辺りまた別記事で解説したいと思います。私はこの記事を書きながら設定したので、数時間かかってしまいましたが、普通にやれば初期設定は5分くらいで完了し、Google Homeが使えるようになると思います。

また、Google HomeとGoogle Home Miniの違い、Google Homeで何ができるの?という点もまた別記事でレビューしたいと思います。

とりあえず今回は、Google Home初体験の感動をお伝えしました~。Amazon Echo やLINE Clova WAVEも手に入れたら同様にレビューしたいと思います!

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧