• HOME
  • レビュー
  • かわいい!Clova Friends BROWN・SALLYの開封の儀&外観レビュー

かわいい!Clova Friends BROWN・SALLYの開封の儀&外観レビュー

かわいいスマートスピーカーがやってきた!

LINEのスマートスピーカー「Clova Friends(クローバー フレンズ)」が到着したので、早速開封の儀&外観レビュー。

Clova Friendsに興味がある方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

Clova Friends BROWN・SALLYとは?

Clova Friendsは、LINEが開発したキャラクター型のかわいいスマートスピーカーです。

LINEの看板キャラクターのブラウンくん型の「Clova Friends BROWN(クローバー フレンズ ブラウン)」。同じく看板キャラクターのサリー型の「Clova Friends SALLY(クローバー フレンズ サリー)」という2種類があります。

Clovaの特徴ついてさらに詳しく知りたい方はコチラです。

BROWNとSALLYの違いは外見だけ

Clova Friends BROWNとClova Friends SALLYの違いは外見だけです。機能やできることに差はありません。

既に発売されている兄弟分のClova WAVEとの違いは、別の記事でまとめたいと思います。

発売日の12月14日時点ではiPhoneで初期設定ができなかった

このかわいいスマートスピーカーのClova Friendsの発売日は2017年12月14日です。

Clova Friendsを使うには、Clovaアプリで初期設定をする必要があります。しかし、2017年12月14日時点では、iPhoneb版のClovaアプリの審査中でClova Friendsの初期設定ができませんでした。

追記:12月16日からiPhone版のClovaアプリでClova Friendsの初期設定ができるようになりました。

Clova Friendsの初期設定の手順はClova WAVEと同じなので、初期設定の際は以下の記事を参考にして下さい▼

単体の販売価格は8,000円だが期間限定のセットなら6,250円

Clova Friends単体の販売価格は8,000円です。

しかし、Clova FriendsとLINEミュージック(月額:889円)の6カ月分のチケットがセットになった「Clova Friends + LINE MUSICセット」が6,250円で販売中です▼

「Clova Friends + LINE MUSICセット」の期間限定は2018年3月31日までです。

「どうしてLINEミュージックがセットになっている方が単体よりも販売価格が安いの?」と思った方もいるかと思います。おそらく、LINEはClova Friendsを普及させるために、「LINEミュージックが6カ月間+本体価格が安い」という破格の条件で販売をしているのでしょう。

ライバルのGoogleもGoogle HomeとGoogle Home Miniの期間限定半額セールを開催して、目先の利益よりも自社のスマートスピーカーの普及を優先していましたし。

LINEミュージックが6カ月分無料になるので、5,334円分(月額889円×6カ月)の割引です。なので、LINEミュージックを使う人なら、実質916円でClova Friendsをゲットできます。

6,250円(販売価格) – 5,334円(LINE MUSIC×6カ月)=916円(実質価格)

今回はこの「Clova Friends + LINE MUSICセット」で、「Clova Friends BROWN」と「Clova Friends SALLY」を1台ずつ購入しました。

Clova Friends BROWN・SALLY開封の儀&外観レビュー

それでは、Clova Friends BROWNとSALLYの開封の儀&外観レビューをお届けします。

Clova Friendsは見た目がかわいいので、癒されると思いますよ。

ダブル開封の儀

まずは開封の儀から、お届けします。

先ほどもお伝えしたようにClova Friendsの2種類は外観以外に違いがないので、「ダブル開封の儀」を決行しました。

Clova Friendsの箱です。なぜかどちらのキャラクターも遠い目をしていますね▼

箱の側面です。シンプルですね▼

箱の反対側の側面です。こちらもシンプルです▼

裏面です。後ろ姿になっていますね▼

外箱の上にはLINEミュージックの利用券が付いています▼

利用券を外すとこんな感じになります▼

利用券はどちらもブラウンくん版でした。サリー版はないようです▼

利用券の裏面にはQRコードとURLが載っています。アクセスするとLINEミュージックが6カ月間無料で使えるようです▼

「開封しよう」と思ったら、開けるところがありません▼

よく見ると箱の下にテープが貼られていました▼

外箱を上に上げて開けます。なんだかシュールですね▼

無事に外箱を取り外せました▼

中の箱は真っ白です▼

箱を反対に向けてもほぼ真っ白です▼

箱の裏面のテープを外して開封します。裏面のテープは貼り直しができない特殊なテープでした▼

いよいよClova Friends本体とご対面です▼

ジャーン▼

はて?どこかで見たような?▼

不謹慎かもしれませんが、棺桶(かんおけ)に入っているように見えるのは気のせいでしょうか?▼

必要以上に無表情なのが、不思議な感じです。でもキュートです。▼

付属品を確認したいので、箱から出てもらいます。よいしょと▼

付属品はこの下のようです▼

まずは取り扱い説明書。ブラウンくんとサリーが描かれています▼

続いてリーフレット▼

その下には充電器が入っています▼

充電器の下には?▼

何もありませんでした。引っ張ってごめんなさい▼

結局、箱の中身は以下の通りでした▼

本体の前に付属品を紹介します。

リーフレットにはClova Friendsへの質問事例が載っています▼

反対側も同様です▼

充電器です。Clovaと書かれています。タコ足配線で接続した時に、どれがClovaのコンセントか分かるので便利です▼

充電器の裏面はシンプルです▼

説明書にはClova FriendsとClovaアプリとの接続方法やボタンの説明が載っています▼

反対側には操作説明と注意事項が載っています▼

ダブル外観レビュー

ここからはClova Friendsの「ダブル外観レビュー」をお届けします。

2台並べるとかわいいです。2台というか「1頭と1羽」と呼びたいですが(笑)▼

横を向いてもらいました。2台とも側面にはボタンはありません▼

反対側にはボタンが4つ付いています。白いシールにはシリアル番号が書かれています▼

端末の管理のために説明書には白いシールを貼る部分がありました▼

貼りました▼

本体の下部には充電用のソケットががあります▼

充電ケーブルの形式はUSB Type-C型なので、向きを間違える心配がありません▼

Clova Friendsの口またはくちばしを押すと音楽の一時停止ができます。長押しすると「クローバー」と呼びかけた時と同じ状態になります▼

上から見た図です。ブラウンくんは耳があるので、マイクの穴が目立ちません。しかし、サリーは耳がないので、マイクの穴が目立ちます▼

裏側です。割とメカメカしいデザインです。真ん中に電源ボタンが付いています▼

Clova Friendsはバッテリー内蔵なのでコンセントに繋がなくても電源ボタンを押すと2台とも起動しました。端末の底のランプが点灯しました▼

電源が入ると裏面のランプが白く点灯します▼

コンセントに繋ぐとランプが緑色になります▼

ティッシュ箱と比べてみました。ティッシュ箱よりコンパクトですね▼

Clova Friendsの太さは、テッシュ箱の約半分くらいです▼

兄弟分のClova WAVEと並べてみました。Clova WAVEは大きいです。Clova WAVEはケーブルが前にきているので、目立ちますね▼

Clova Friendsは片手で持てるサイズです。Wi-Fi環境があれば家の外でも使えますね▼

せっかくClova一家が揃ったので、初期設定をして呼びかけてみました。「クローバー!」▼

3台ともLINEのブランドカラーである緑色のランプがつきました。きれい▼

まとめ:LINEだからこそ出せたスマートスピーカー

ほとんどのスマートスピーカーは無機質な外観です。

しかし、LINEのClova Friendsは、キャラクター型という他のスマートスピーカーとは違った商品です。かわいいキャラクターをサービスに盛り込み続けて来たLINEだからこそ出せたスマートスピーカーだと思います。

実物は予想以上にかわいいので、家に置いておけば目にする人々に癒しを提供してくれると思います。

Clova Friends

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧