• HOME
  • SmartHacks
  • 【交流会レポート】スマートスピーカーを使う生活はイメージできない?

【交流会レポート】スマートスピーカーを使う生活はイメージできない?

2018年1月8日午前10時から、東新宿で「スマートスピーカー交流会」が行われました。本交流会は、SmartHacksがスマートスピーカーの市場調査を目的に主催しています。

年明けすぐにもかかわらず、男性4名・女性2名と合計6名が集まりました。参加理由は、「今、話題になっているから」「面白そうだから」などスマートスピーカーに興味のある方が中心です。会の最初にスマートスピーカーに対するイメージを聞いたところ・・・

スマートスピーカーに対するイメージ【Before】
「あれば便利そうだけど、なくても特に困らなそう」
「セキュリティが心配」
「面白そう、便利そう」
「日本では普及しなさそう」

スマートスピーカーに興味があって集まった方でも、スマートスピーカーにいいイメージを持っている方は少なめですね。

また、スマートスピーカーを使う生活をイメージできるかを聞いたところ、「あまりできない」か「○○をする」などの単発でできるアクションがあがりました。

スマートスピーカーを使う生活をイメージできますか?【Before】
「あまりできない」
「できなくはないけど・・・」
「イマイチできない」
「音楽を聴く」
「ルンバに掃除してもらう」

スマートスピーカーのCMはたくさん流れていますが、実際にどのように使うのかとなると具体的にはわからないようです。やはり実際に使ってみるまではイメージが湧かないのでしょうか。

さて、交流会ではできるだけ多くの種類を体験してもらえるようにGoogle Home、Google Home mini、Amazon Echo Plus、Echo dot、CLOVA Friendsを取り揃えました。初めてスマートスピーカーに接する方がどのような反応をされるのか、また、体験することで印象がどのように変わるのでしょうか。

交流会の具体的なプログラムは、こちらです。

プログラム概略
スマートスピーカーに関する知識の紹介(市場規模や機種の違いなど)
スマートスピーカーで何ができるのかの紹介
実際に体験をしてみる(音質の比較・電話をする・動画をコントロールする他)
質疑応答

スマートスピーカーですぐにできることと言えば、音楽を聴く・検索をする・アラームをセットすることなどですが、体験した参加者からは「スマホでもいいじゃないか」という声がチラホラ。特に、検索については「検索結果を目で見て確認した方が安心する」というもっともな意見が聞かれました。アメリカでは液晶画面付きのスマートスピーカーEcho Showが人気を博していますが、日本でも発売が待たれますね。


(Echo Show)

一方、好評だったのは、CLOVA Friendsを使ってのLINE無料通話。数メートル離れても、しっかり声を拾う集音性の良さやスピーカーに向かって複数人で喋れることから「スマホのスピーカーよりも聞こえやすい」「会議で使いたい」などスピーカーならではの良さを感じてもらえました。


(CLOVA Friendsのブラウンとサリー)

ただ、スピーカー同士での通話はできないため、受け手はスマホで会話をすることになります。となると会議で実際に使うのは難しそうとガッカリ……まだまだ改善点がたくさんあるのが現状です。

その他にもEcho Plusで呼んだピカチュウがなかなか帰ってくれなかったり、Google Homeが音声を認識してくれなかったりと問題がいくつか起こりました。こうした欠点を抱えるスマートスピーカーを理解する反面、今後の可能性を感じ、期待される方も多かったようです。

交流後の意見をご紹介します。


「思っていたよりいろいろなことができるんですね。老眼が気になる両親に、あるいは家電が整ってきたら家事に使えると、便利で良さそうです」(Yさん)


「LINE通話はキッチンとかで作業しながらでも喋れそう。便利そうなので購入したいです」(Kさん)


「セキュリティ面が向上すれば、将来的にはあったら便利かもしれない。でも、家にいる時間が短いので、どのように使っていいのか正直まだイメージが湧きません」(Kさん)

その他の意見は、こちらです。

スマートスピーカーに対するイメージ【After】
これから手に入れる人が増えそう
今の時点ではスマホでいいことも多そうだけど、家電と連携したら良さそう
性能が向上すれば利用してみたい
子供の教育や、高齢者の話し相手などに良さそう
個人よりも企業の中など(複数人がいる場)で使えそう

イメージは向上したようですが、購入についてお伺いすると、Kさんのように「セキュリティが向上したら」という意見や、「もう少し便利になったら」、「連携できる家電が増えるなど全体的に普及が進んだら」と条件をつける方が過半数でした。体験してスマートスピーカーに対して理解は進んだけれど、購入するほどの必要性を感じるまでには至らないようでした。

ちなみに、交流会を始める前と後で「生活の中でスマートスピーカーを使えたらいいなと思う気持ちを1〜10の数字」で表してもらったところ、交流会前の平均「2.33」から交流会後は「4.5」と、2倍弱の伸びになりました。

今後、スマートスピーカーの性能はどんどん向上することが予測されますので、生活の中にスマートスピーカーが使われるのが当たり前になるのもそう遠くないことかもしれません。

SmartHacksでは、引き続きスマートスピーカーの活用事例の紹介や体験ができる交流会を行っていきます。
(注:交流会でスマートスピーカー実機その他サービスの販売は一切行っておりません)

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧