• HOME
  • まとめ
  • 【初心者向け解説④】Amazon Echoでできること一覧

【初心者向け解説④】Amazon Echoでできること一覧

スポンサーリンク

Amazon Echoを使い始める前に

日本で発売されているEchoファミリー、Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Echo Plusについて紹介します。

Echoの種類と違いを簡単に説明

Amazonが発売しているAmazon Echoシリーズ。アメリカでは2014年11月に発売され、世界的にはEchoがスマートスピーカー市場の過半数以上を占めています。日本では、2017年11月に発売されましたが、現在招待制でしか購入できません。

現在、日本で購入できるのは、
・Amazon Echo Dot(5,980円)
・Amazon Echo(11,980円)
・Amazon Echo Plus(17,980円)
の3つです。

性能の違いですが、EchoシリーズはどれもAlexaというAIが入っていて、できることもほぼ同じです。違いといえば、Echo Dotが他2つと比べると音質が劣ることと、Amazon Echo Plusには、スマートホームハブというものが内蔵されていることです。これはスマート家電と連携させるときにいちいち別売りのハブを買わなくて済むというものです。家電を音声でコントロールしようと計画している方には、Plusがオススメです。

性能の違いについては、詳しくはこちらをご覧ください▼

アメリカでは、液晶画面のついたEcho showなどもっと多くの種類が発売されています。その内日本にも入ってくるでしょうから、楽しみですね。

開封の儀

外観の写真を丁寧にとりました。くわしくは、こちらをご覧ください▼

設定の仕方

Echoシリーズ共通で、Alexaアプリを使います。まず、Alexaアプリをダウンロードし、Amazonアカウントでログインします。そのあとは、アプリの指示通りに設定していけば、完了です。

くわしくは、こちらをご覧ください▼

複数人で使う場合の設定の仕方

米国では、複数人で利用できるEchoが発売されていますが、日本ではまだです。
1台のEchoに1つのアカウントしかリンクできません。ただ、声紋認証などもないので、1つのアカウントでEchoを起動させておけば、複数人で話しかけても応答してくれますよ。

1つのアカウントしかEchoに接続できなくて困ることは、あまりないでしょう。ただ、Amazonでショッピングするときは、接続しているアカウントの人が買い物をすることになります。また、接続されているアカウントのデバイスで有効になっているスキルしか使えません(スキルについては、後述)。

本体で音量を調整する方法

「アレクサ、音量を8にして」「アレクサ、音量を3にして」と言えば、音量は調整できます。ここでは、本体で音声を調整する方法を紹介します。

・Amazon Echo & Amazon Echo Dot
この2つは同じやり方で調整できます。円の中に「+」と「−」のボタンがあります。「+」を押すと音量が大きくなり、「−」を押すと小さくなります。

・Amazon Echo Plus
上部をつかんで回しましょう。右に回すと大きくなり、左に回すと小さくなります。

リセットの仕方

工場出荷状態に戻ります。Echoを誰かにあげるなど、必要が生じたらやってみてください。ちなみに、初期化するほどではなく、ただセットアップモードに戻したいという場合は、ここを飛ばして1つ下の項目をご覧ください。

・Amazon Echo & Amazon Echo Dot
「ミュートボタン」と音量の「−」ボタンを一緒に20秒押し続けてください。そうすると、ライトリングがオレンジになり、再起動します。

・Amazon Echo Plus
こちらは本体の底に小さな穴がありますので、そこをピンで押しましょう。同じくライトリングがオレンジに光り、再起動します。

セットアップモードに戻す方法

もう一度アカウント連携がしたい、途中まで設定をやったけれど反応しなくなってしまった時などは、セットアップモードに戻して再チャレンジしましょう。これは3機種共通で、下の「・」を5秒以上長押しします。そうすると、リングライトがオレンジになりセットアップモードになります。

英語で使う方法

Echoは、英語でも使えます。ただし、英語に変更してしまうと日本のAmazonアカウントが使えなくなります。Amazonショッピングやプライム会員用の音楽などが聞けなくなる可能性があるので、注意してください。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[設定]をタップ
④使用したいデバイス[◯◯さんのEcho]をタップ
⑤[言語]をタップし、[English]をタップ
⑥確認が出るので[変更を保存]をタップ
これで完了です。

ちなみに、[言語]は、他にドイツ語・英語(アメリカ・カナダ・インド・イギリス)・日本語の選択ができます。

ウェイク(起動)ワードの変更

スマートスピーカーは、最初に決まった言葉で話しかけられることで起動するようになっています。その言葉を「ウェイクワード」といいます。

Echoのウェイクワードはデフォルトでは「アレクサ」となっていますが、その他、次の言葉に変更することもできます。
・Alexa(アレクサ)
・Echo(エコー)
・Amazon(アマゾン)
・Computer(コンピューター)

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[設定]をタップ
④使用したいデバイス[◯◯さんのEcho]をタップ
⑤下にスクロールして[ウェイクワード]をタップ
⑥ウェイクワードを選択して、[保存]をタップ
これで完了です。

話しかけ方のコツ

ウェイクワードを最初にかならず言います。「アレクサ」というと、上部のリングが青く光ります。青い光が点灯している時に、指示を出してください。タイミングが早過ぎると、アレクサが聞き取ってくれません。

また、指示の最初は必ず「アレクサ」とつけましょう。たとえば、次のような会話は成立しません。

人間「アレクサ、音楽を流して」
Echo「わかりました。AmazonミュージックからJ-popを流します」
人間「そうじゃなくて、洋楽にして」
Echo「・・・・」

2回目の指示も、「アレクサ、洋楽を流して」と言わなければいけません。慣れるまで少し時間がかかりますが、慣れれば簡単ですよ。

Amazon Echoを使ってみよう・基本編

ここからは、簡単に使える方法をご紹介します。

時間を聞く

「アレクサ、今何時?」と聞くだけで答えてくれます。特に設定はいりません。

タイマーをセットする

「アレクサ、10分間のタイマーをセット」というとタイマーがセットされます。
「アレクサ、タイマーをキャンセルして」と言えば、解除できます。

アラームセット

「アレクサ、アラームをセット」というと、「何時にセットしますか?」と聞かれるので時間を指定してください。最初から「アレクサ、9時にアラームセット」といっても大丈夫です。解除するときは、「アレクサ、アラームをキャンセルして」と言えば通じます。

天気予報を聞く

Alexaアプリに住所を入れると、自分の住んでいる地域の天気予報を聞くことができます。

住所の入れ方は、次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[設定]をタップ
④デバイスの中から[◯◯さんのEcho]など自分のデバイスをタップ
⑤[デバイスの所在地]の[編集]をタップ
⑥住所を入力して[保存]をタップ
これで完了です。

「アレクサ、明日の天気は?」「アレクサ、◯月◯日の天気は?」と声をかけると教えてくれます。

音楽をかける

Amazonのプライム会員になっていれば、「アレクサ、音楽をかけて」「アレクサ、○○(アルバム名や音楽のジャンル)をかけて」などと言うと音楽をかけてくれます。

プライム会員ではない方は、Alexaアプリでtunein(チューンイン)の設定をすると音楽を聞けます。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[ミュージック&本]をタップ
④[tunein]をタップ
⑤[音楽]を選びタップ
⑥[60年代][アンビエント]などさまざまな音楽のジャンルが示されるのでお好きなジャンルをタップ
これで「アレクサ、チューンインで音楽をかけて」というとかかります。

ただし、tuneinはアプリで一度設定した音楽しか聞くことができません。

音楽全般については、詳しくはこちらをご覧ください▼

スキルを使う方法

Echoシリーズには、①カスタムスキル②フラッシュブリーフィングスキルの2つがあります。
2018年1月の時点でスキルは400以上あります。この豊富なスキルは、Echoシリーズの魅力の1つですから、ぜひ使ってみてください。

スキルを使うには、ひとつひとつ有効にしていく必要があります。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[スキル]をタップ
④スキル一覧が出てくるので使いたいスキルを選んでタップ
⑤[有効にする]をタップ
これで完了です。

スキルの詳しい設定の仕方は、こちらをご覧ください▼

どのようなスキルがあるのか、一覧を知りたい方は、こちらをご覧ください▼

ニュースを聞く

事前の設定が必要です。Alexaアプリから、聞きたいニューススキルを[有効にする]をタップする必要があります。
ニュース系のスキルは、①フラッシュブリーフィングスキル②カスタムスキルの2種類があります。

①フラッシュブリーフィングスキルは、「アレクサ、今日のニュースは?」というと、ニュースを次々に読み上げてくれます。毎日聞きたいニュースをいくつか有効にしておけば、「今日のニュースは?」というだけで、次々にニュースを読み上げてくれます。大手メディアが提供しているニューススキルは、ほとんどがこちらに当てはまります。

一方、カスタムスキルは、「アレクサ、○◯を開いて」とスキル名を名指しで言わないと起動しないものです。たとえば、「アレクサ、Yahoo!ニュースを開いて」というと聞けます。

詳しくは、こちらをご覧ください▼

ラジオを聞く

Alexaアプリでラジオのスキルを[有効にする]をタップすると、そのラジオが聞けます。Alexaでは、ラジコやラジオクラウドなどでラジオを聞くことができます。

ラジオスキルを調べたい方は、SmartHacks DataBankのラジオカテゴリーでお探しください。

カレンダーと連携する

Echoでは、Google・Apple・Microsoftのカレンダーと連携できます。Microsoftは、Office365とOutlook.comのカレンダーと連携させることができます。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[設定]をタップ
④[カレンダー]をタップ
⑤Google・Apple・Microsoftから1つを選びタップ
⑥[リンク]をタップ
⑦手順に合わせてログインし、カレンダーとAlexaを連携
これで完了です。

カレンダーと連携させたら「アレクサ、次の予定は何?」「アレクサ、カレンダーに予定を追加して」など話しかけましょう。

ショッピングリストにメモする

事前の設定はいりません。
「アレクサ、○○をショッピングリストに追加して」と言えば追加されます。追加できるのは一度に1項目です。なお、ショッピングリストに何が入っているかを確認するには「アレクサ、ショッピングリストには何があるの?」と聞くと教えてくれます。

リストの内容は、Alexaアプリで確認ができます。
確認方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[リスト]をタップすると[買い物]リストが確認できます
これで完了です。

料理をしながら足りない調味料などを口頭でショッピングリストにいれ、スーパーに行くときにスマホで確認すれば、買い忘れを防げますよ!

検索する

事前設定は不要です。「アレクサ、ハシビロコウって何?」「アレクサ、関ヶ原の戦いはいつ?」「アレクサ、15÷3は?」などいろいろ聞いてみましょう。答えてくれます。

ゲーム&遊んでみる

「アレクサ、なぞなぞを出して」「アレクサ、じゃんけん」と声をかけるとできます。
スキルにはゲームがたくさんあるので、気にいったものを有効にして使ってみてください。

スキルの検索は、こちらからどうぞ。

Alexaとおしゃべりしてみる

事前の設定なしでおしゃべりできます。「アレクサ、おはよう」「アレクサ、好きな四字熟語は?」「アレクサ、歌を歌って」「アレクサ、ジョークを言って」などをいうと答えてくれます。

Amazonで買い物してみる

Amazonでの買い物は、Echoシリーズしかできません。買い物をするためには、「Amazonプライム会員」または無料体験会員になっている必要があります。なぜなら、プライム対象商品しか購入できないからです。注文履歴からの注文だと、認識されやすいようです。

Bluetoothでスピーカーとつなげてみる

Echoで音楽を聴くときなど、もっといいスピーカーで聞きたくなる時が出てきそうですよね。
そういうときは、Bluetoothで外付けスピーカーとつなげます。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[設定]をタップ
④[カレンダー]をタップ
⑤Google・Apple・Microsoftから1つを選びタップ
⑥[リンク]をタップ
⑦手順に合わせてログインし、カレンダーとAlexaを連携
これで完成です。

Amazon Echoで家電を操作してみよう

家電を音声操作できるようになると便利ですよ。

基本的な連携の方法

照明やリモコンなどをコントロールするには、それらをまずWi-Fiでつなぐ「ハブ」が必要になります。Amazon Echo Plusはこのハブが内蔵されていますが、EchoとEcho Dotは外付けのハブを別途買うようにしましょう。

できること

・Echoは、Fire TVと連携できます。音声でオン/オフやチャンネルの変更ができます。設定するには、Amazon Fire TVの端子とリモコンを購入する必要があります。

・スマートリモコンやスマートライトと連携ができます。
利用するには、専用のリモコンや照明を購入して設定をし、スキルを有効にして使います。

Echoの使い方がわからなくなったときの問い合わせ先

わからなくなったら、次の場所を見てみましょう。

公式WEBサイトを見てみる

迷われたら、まずはこちらでお調べください。
Amazon ヘルプ

上記リンクに飛んでもいいですし、
Amazonのトップページの下の方に[ヘルプの検索]という空欄があります。
そこで[Alexa]といれるとEcho関連の質問一覧が出てきます。

電話で質問してみる

Alexaアプリから電話ができます。

設定方法は次になります。
①アレクサアプリを開く
②左上の[三]をタップ
③[ヘルプとフィードバック]をタップ
④[カスタマーサービスに電話]をタップ
⑤[お問い合わせ内容の詳細]が出てきます。
ここから[◯○さんEcho]と[カテゴリー]をタップすると、
[お問い合わせ内容]が選択できるようになるので該当するものをタップ
⑥電話番号を空欄に入力し、希望時間帯を[今すぐ][5分後]を選択します
⑦[電話を受ける]をタップすると、Amazonから電話がかかってきます

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

SmartHacks Mail Magazine

SmartHacks Magazineの最新情報を受け取りたい方はメルマガにご登録ください。

メルマガに登録する

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧