• HOME
  • 比較
  • 何が違うの?スマートハウスとスマートホームの違いを調べてみた

何が違うの?スマートハウスとスマートホームの違いを調べてみた

スマートハウスとスマートホームって何が違うの?

一見すると「スマートハウス」も「スマートホーム」も同じ言葉のように思えます。しかし、調べてみると意味に違いがありました。

この記事では、スマートハウスとスマートホームの意味の違いをお伝えします。

スマートハウスとスマートホームを正しく理解したい人は参考にして下さい。

スポンサーリンク

スマートハウスとスマートホームの違いとは?

スマートハウスとスマートホームはどちらも定義が曖昧です。

しかし、一般的にはそれぞれ以下のものを指します。

  • スマートハウス:省エネ・節約を重視した住宅
  • スマートホーム:利便性を重視した住宅

「つまりどういうこと?」と思った方もいるでしょう。それぞれ詳しく解説していきます。

スマートハウスとは?


マートハウスとは、「省エネ・節約」に重きを置いた住宅のことです。家電やメーターなどをHEMS(ヘムス:Home Energy Management System)と呼ばれるシステムで管理して、エネルギーの「見える化」と「制御」を行うことが特徴です。

HEMSが電力やガスや水道などの消費量を目で見える形で表示してくれるので、節約がしやすくなります。さらに、HEMSは家電の制御もしてくれます、例えば、外出の際にHEMSに繋がっている家電の電源を一括でオフにしてくれます。

また、スマートハウスでは、管理システムのHEMSに加えて、以下のものがセットになっていることが多いです。

  • 創エネルギー機器:太陽光発電機、風力発電機
  • 蓄エネルギー機器:家庭用蓄電池

太陽光や風力によって発電する「創エネルギー(創エネ)」と発電した電気を貯めておく「蓄エネルギー(蓄エネ)」もスマートハウスの特徴です。

以下の記事では日本でスマートハウスを提供している大手企業を紹介しています。スマートハウスに興味がある方は参考にして下さい。

スマートホームとは?


スマートホームとは、インターネットに接続できる家電をスマホやスマートスピーカーで操作できる住宅のことです。インターネットに接続できる家電はIoT(Internet of Things)家電やスマート家電と呼ばれています。

スートハウスが「省エネ・節約」に重きを置いているのに対し、スマートホームは「利便性」に重きを置いているのが特徴です。

利便性に重きを置いているので、スマートスピーカーやスマホで家の施錠を行ったり、声でエアコンの温度を調整できたりします。さらに、朝起きたら、自動でカーテンを開けて、コーヒーを入れてくれる。照明を好きな色や明るさに変更できるなどなど、SF映画のような近未来的な暮らしを実現してくれます。

スマートホームの特徴であるスマート家電はどんどん登場しています。日本で手に入るスマート家電のうち、スマートスピーカーに対応しているものは以下の記事にまとめているので、参考にして下さい。

海外では、スマート家電をインターネットで繋ぐことから「コネクティッドホーム(Connected Home)」とも呼ばれています。

なお、スマートハウスとスマートホームの区分けは曖昧です。HEMSを導入していて、スマート家電も使える住宅の場合、スマートハウスともスマートホームとも言えます。ややこしいですね(苦笑)。

スマートホームも期待されている

「スマートハウスはテレビのCMで観たことがあるけど、スマートホームは観たことがない」という方もいるかもしれません。

しかし、スマートハウスと同じようにスマートホームも国や企業から事業として期待されています。

経済産業省の2017年3月1日の報告

経済産業省はスマートホームに関して、2017年3月1日に以下のような報告を出しています。

スマートホームの将来像

今後、家庭内で連携する機器が増え、取得できるデータの量・質が向上することで、エネルギー消費の⾒える化や家電のOn/Off操作などに留まらない、⽣活空間のカスタマイズや製品ライフサイクルにおける改善などの、⾰新的なサービスが可能になると考えられる。
スマートホームにおける現状と将来像の実現に向けた検討の⽅向性について

前半部分はスマートハウスのことを指していますね。経済産業省はスマートホームは今後の発展が期待できる分野だと考えているようです。

コネクティッドホーム・アライアンスの設立

2017年9月14日に日本で「コネクティッドホーム・アライアンス」という企業団体が組織されました▼

コネクティッドホーム・アライアンスには、トヨタやパナソニックやビックカメラなど77社が参加しています。企業団体の目的は、企業間の垣根を越えたコネクティッドホーム(スマートホーム)をはじめとする「暮らしのIoT」の普及と発展です。団体名がスマートホームへの期待を表していますね。

まとめ:用語の意味の違いを覚えておこう

お伝えしてきたようにスマートハウスとスマートホームには意味に違いがあります。しかし、ネット上のサイトを見ると「スマートハウス」や「スマートホーム」は曖昧に遣われているように感じます。

紛らわらしいですが、用語の意味の違いは覚えておきましょう。

また、今後は海外のように「コネクティッドホーム」という言葉を耳にすることが増えるかもしれません。混乱しないように「コネクティッドホーム=スマートホーム」と覚えておきましょう。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

SmartHacks Mail Magazine

SmartHacks Magazineの最新情報を受け取りたい方はメルマガにご登録ください。

メルマガに登録する

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧