• HOME
  • IoT , 特集
  • 【モデルルーム体験取材】最新IoTを標準装備した賃貸アパート「TATERU」で出来ること

【モデルルーム体験取材】最新IoTを標準装備した賃貸アパート「TATERU」で出来ること

株式会社インベスターズクラウドが運営する賃貸アパート「TATERU」では、IoT製品を手軽に導入できる「TATERU kit」を提供している。同社は、2018年1月22日練馬に「TATERU kit」を導入したモデルルームをオープン。実際に何が出来るのかを取材した。

モデルルーム室内の様子

スポンサーリンク

IoT製品をすぐに使える便利さと楽しさ

モデルルーム室内は、すっきりとコンパクトながら随所にIoT家電がある。メインのコントローラーがあり、これで全ての家電を操作可能だ(同様の操作はスマートフォンのアプリからも可能)。

タブレット型のセントラルコントローラー

入居者は、このタブレットに所有するテレビやエアコンなどを登録するだけでスイッチのオンオフがタブレットやスマートフォンから出来るようになる。このキットがなければ、購入した家電に合わせて専用のハブやリモコンを揃え、さらにWi-Fiにつないで設定するという作業を行わなければならない。その手間を省けるだけでも相当便利だろう。

コントロール出来る家電は、加湿器やお掃除ロボット、照明など目新しいIoT製品があるわけではないが、それら全てが一室にギュッと詰まっている楽しさがある。

実際に見るまでは地味だと思っていた「カーテンの開閉」も、目の当たりにすると毎日でも使えそうだ。広報課の加納詩織氏は「夜、防犯のため帰宅前にスマートフォンのアプリからカーテンを閉めておくことも出来ます」と説明する。ちょっとしたことだが、1人暮らしの女性には嬉しい。

カーテンを閉める株式会社インベスターズクラウド 広報課 加納詩織氏

ただ、スマートスピーカーとの連携はまだ勉強中ということで、現在は照明と一部家電のみの対応となっている。

防犯対策にも力を入れている。日本の空き巣被害は、年間約4万件あり1日にすると100件以上にのぼる。窓と玄関からの侵入が90%を占め、その半分が「鍵のかけ忘れ」が原因だと言う。

「TATERU kit」ではスマートロックを採用し、鍵をかけ忘れてもオートロック機能があるから安心だ。

解錠の仕方は、スマートフォンの他に交通系ICカードやテンキーがある。従来の鍵でも開けることができる

また、窓には「TAG SECURITY」が取り付けられており、窓の開閉や揺れを察知してスマートフォンのアプリにお知らせが送られてくる。何かあればすぐに対処が可能だ。

開閉や揺れを察知する「TAG SECURITY」

スマートフォンの扱いに慣れた20〜30代に人気

「TATERU kit」は賃貸アパートを経営するオーナー向けに提供されているが、2017年6月から提供を開始し、すでに4000戸を受注した。導入アパートは、平均相場よりも高めの値段設定でも入居者からの需要があると言う。

加納氏は「反響は大きい。特にスマートフォンの扱いに慣れた20〜30代の単身者が入居者に多い」と語る。

また、タブレットやスマートフォンは家電のコントロールだけでなく管理人とのチャットにも使える。「これまで管理人側と入居者側はチラシをポストに投函したり、電話を何度もかけ直したりとアナログな方法しか連絡手段がありませんでしたが、チャットが出来ることで、より気軽に簡単に連絡が取り合え、管理会社の業務効率化も図ることができると思います」(加納氏)。

チャットでの管理人と入居者の会話例

同社は今後も不動産とテクノロジーを融合させた、さまざまなサービスを提供する予定だ。

TATERU kitの中身
TAG SECURITY(防犯センサー)
SMART LOCK(スマートロック)
NATURE SENSOR REMOTE CONTROLLER(センサーコントローラー。赤外線を通信して家電をコントロールできる他、室温と湿度も分かる)
CENTRAL CONTROLLER(タブレットコントローラー)
SMART LIGHT(スマート照明)
モデルルーム概要
住所:東京都練馬区高野台
構造:木造3階建
築年月:平成29年12月
間取り:1K
広さ:22.63㎡
体験可能機能:スマートロック、タグセキュリティ、スマートライト、IoT機器と連携した各種家電の操作(エアコン、TV、加湿器、ロボット掃除機、電動カーテン、デジタルウィンドウなど)

なお、モデルルーム見学に関する連絡は、「株式会社インベスターズクラウド 東京本社 お問い合わせ先 0570-008-764」まで。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧