【海外】バンクーバーで売っているIoT製品は?

突然ですが弊社SmartHacksの社長が、現在カナダのバンクーバーにいます。

というわけで社長に現地の家電量販店「BEST BUY」でどんなIoT家電が売っているのかを見てきてもらいました。

スマートホーム関連商品は50種類ほど販売されているそう。なかでも多いのが監視カメラやスマートロックなどのセキュリティ系の製品。といっても、カナダは非常に治安がいいので需要はそれほど高くないはず。ただ単にアメリカ製品が流入しているだけのようです▼

360度映像が撮れるカメラ(左)▼

ドアにつけておけば、スマートフォンから応答が出来る▼

気温や湿度がわかる製品も▼

売り場面積をもっとも占めていたのはスマート照明。目を引くのは、LIFXのパネル照明です▼

最近日本でも購入できるようになりましたが、LIFXのホームページを見てもカッコいいですね!▼

画像出典:LIFXホームページ
画像出典:LIFXホームページ

日本でも販売されているPhilips Hueも並びます▼

照明の中でユニークなエピソードがあるのが、こちら「ilumi」というスマート照明▼

ilumiは「SHARK TANK」というアメリカ版「マネーの虎」(投資家たちの前で起業家がプレゼンし投資を勝ち取るという番組)で資金を得て製品化が進んだのです。ilumi創業者コーリーとスワップニルに投資をしたのは、マーク・キューバン。彼はNBAダラス・マーヴェリックスのオーナーであり、総資産33億ドルを誇る投資家です。マークはilumiの25%のエクイティ(資本)と引き換えに35万ドル(約3800万円)を投資しました。

テレビのリアリティショーから実際に商品化し店頭で販売されているのですから凄いですね。アメリカで大人気の「SHARK TANK」はこれから第10シーズンが放送予定です。こちらの動画からはilumiプレゼンの様子、音楽に合わせて照明の色が変化する様子などが見られます▼

BEST BUYではGoogle HomeやAmazon Echoも売られていたようですが、現地の人の反応は「スマートスピーカー?聞いたことがあるよ」といった感じで認知度は低そうです。

ラインナップこそ日本より多めですが、IoT製品はほとんど家庭には普及しておらず総じて日本と似たような状況と言えそうです。ただ豊富なIoT製品の中でも日本製品はゼロだったとのことで、日本のプレゼンスの低さが残念です・・・。これからに期待しましょう!

弊社社長はこれからシリコンバレーへ。追ってシリコンバレー情報もご紹介する予定です。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧