• HOME
  • SmartHacks
  • SmartHacksオリジナルスキル第3弾「フェルミ推定」。論理的思考力が試される!

SmartHacksオリジナルスキル第3弾「フェルミ推定」。論理的思考力が試される!

SmartHacksオリジナルスキル第3弾は「フェルミ推定」です。

フェルミ推定とは、正確な答えを出すことが不可能もしくは極めて困難な問題について論理的思考、発想をもって導き出す思考方法のことです。

具体的には「世界中の動物園にあるベンチは全部でいくつですか?」という問いがあった場合、解答の道筋としては以下の様になります。※実際に「フェルミ推定」スキルからの出題をもとに筆者が挑戦してみました。

・人口1人あたりに対して存在する動物園の数を0.00001とする。(10万人に1人)
・動物園の1展示ごとのベンチの数を4つとする
・動物園の展示スペースの平均数を30とする

→7,600,000,000(世界人口)×0.00001×4×30=9,120,000脚

よって、912万脚と考えられます。

ただし、フェルミ推定は、そもそも正解のない問題なので、この数字が正解かどうかよりも論理的思考を見ます。そのため、本スキルでも模範解答などの解説はありません。

フェルミ推定は、企業の採用面接などの場面でも出題されており、このスキルでは2,400問以上の問題の中からランダムに問題を出してくれます。

問題と対峙してからの反応速度や論理的思考力に磨きをかけるためにお役立てください。

<話しかけ方>
スキルを開くときは

「アレクサ、フェルミ推定を開いて」
「アレクサ、フェルミ推定を開いて問題を出して」と話しかけてください。

フェルミ推定の問題を出題してくれます。

問題出題後には「この問題でよろしいですか?よろしければ、はい。違う問題を聞きたい時は、いいえ、で教えてくださいと聞かれます。

このスキルを終了したければ「はい」、続けて別の問題を聞きたい場合は「いいえ」と答えてください。

スポンサーリンク

2018年2月26日追記

「フェルミ推定」がGoogle Home対応アプリとしてリリースされました!SmartHacks初のGoogle Home対応アプリです!是非、使ってみてくださいね。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧