• HOME
  • レビュー
  • SmartHacks アメリカ支部にAmazon Echo Spotが届いたので使ってみた!

SmartHacks アメリカ支部にAmazon Echo Spotが届いたので使ってみた!

SmartHacksアメリカ支部@ピッツバーグのスタッフMr.Paulの元にスマートディスプレイ「Echo Spot」が届いたので、技適はあるの?日本語で使えるの?モニターって便利なのかしら?などなど、気になることを確認してもらいました。日本サイドとのやりとりは、appear.inというSkypeのようなビデオチャットツールを使用しています。

スポンサーリンク

Echo Spotの大きさは?

こんにちは〜!Paulです。Echo Spotの箱は意外と大きい!?

箱は大きそうに見えますが、Echo Spotを取り出してみると、手のひらサイズでした。かわいい。ちょうど目覚まし時計のサイズですね。

手のひらにスッポリおさまります。

なぜ、そうなるかというと、、、

箱はしっかり。
でも、コンセントなどの備品(右側)が大きかっただけみたいです。

Echo Spotがしっかり梱包されていたからみたいです。ちなみに中身を取り出して並べてみるとこんな感じ。

ベッドの上に並べてみました。

ころんとしたEcho Spotの第一印象はいい感じです。

注目の「技適」はあるの!?

技適があれば日本でも使用できます。今回の企画の目的は、この目で技適を確認するためと言っても過言ではありません。

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、総務省のHPに掲載されている技適マークはこちらになります。

これが技適マークですよ〜

Echo Spotには技適マークがついていると耳にしていましたが、果たして・・・

ありました〜!

光で反射して見えにくいですが、確かにあります!

日本の技適マークがついているということは、日本にもそのうち入ってくる可能性が高いということですよね。楽しみです!

液晶があるとWi-Fiの設定が楽々

それでは、早速電源オン。

電源が入ると「echo」の文字がキラリ。

これまで、スマートスピーカーを使う前にはスマートフォンにアプリをダウンロードしてWi-Fiにつないで・・・という初期設定が面倒でした。Echo Spotは液晶に文字が出てくるのでスマートフォンにアプリをダウンロードしなくても使えます。

接続したいWi-Fiをタップして選びます。

パスワードは、Echo Spotに出てくる文字盤で入力出来ます。

文字盤があります。

ちなみに、もちろんスマートフォンのAmazon Alexaアプリと連携させることも出来ます。

日本語は使えるの?

技適が付いているということは、日本語が使えるのでしょうか・・・!?期待していましたが、言語設定の候補はこちら。

日本語はありませんでした(涙)

現在使えるのは、この3ヶ国語みたいです。

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • ドイツ語

日本語版はきっとこれからですね。今回は、Paulさんに英語で使ってみてもらいます。

時間を聞いてみた

まずは、時間を聞いてみます。

普通に答えてくれます。なんだか嬉しい。ちなみに、時計の表示はデジタルだけでなく、アナログにも変更できます。

アナログ表示も可能です。

「ホワッタイ・イズイッナウ・インジャパン(日本は今、何時?)」と聞いてもらうと、画面がこんなに可愛い日の丸になりましたよ!

日の丸が丸くなって、目玉オヤジに見えなくもないですね〜。

音楽をかけてもらう

日本側から「アレクサ、プレイ ミュージック!」とPC越しに声をかけたら、ちゃんと反応してくれました!

曲を流すと同時に歌詞も出てきます。カラオケが出来そうですね。液晶で「アーティスト名」「曲名」も確認できますし、「一時停止」「次の曲へ」「前の曲へ」などの操作も出来ます。液晶の円周部分をなぞると、早送りにもなります。これはとっても便利そうでした。

電話をかける

アメリカのAlexaでは電話がかけられるらしいので、Paulさんに自分自身に電話をかけてもらいました。なお、電話をかけるには、スマートフォンとの連携が必要です。スマートフォンに入っている連絡先から探して電話をかけているみたいです。

電話中はEcho Spotがテレビ電話となります。遠く離れた人とも顔を見ながら話せるのはいいですね!

液晶にPaulさんが写っています。

レシピを探す

モニターの良さは、レシピ検索でも発揮されました。

ラザニアをレシピ検索すると・・・
材料などが文字で表示されます。

現状日本で使えるスマートスピーカーのレシピ検索は、「献立の提案」だけだったり、詳細が別途アプリやメールに送られたりするものが主流ですが、液晶モニターに表示されるので、スマートフォンを確認する手間が省けます。

レストランを探す

ここまで良い感じできたEcho Spotですが、ここからはちょっと残念なところをご紹介します。Paulさんにピッツバーグ大学近くのレストランを探してもらいましたが、Paulさん曰く「どこのお店も大学から遠い!」とのこと。この辺りの精度は、日本のEchoたちと変わりませんね。ただ、お店の情報を液晶でチェックできるのは便利そう。

お店が表示されます。
電話番号や住所などの詳細は、液晶でチェック出来ますよ。

動画を見る

動画を見ようとしたところ、Amazon Prime Videoの動画が表示されました。また、Google傘下のYou Tubeは、予想通り見れませんでした。Amazon Primeの動画は見れそうですが、あまり指示は伝わりませんでした。ここは引き続き検証していきます。

Amazon Primeの動画は見れそうです。

まとめ

「やっぱり液晶モニターって便利じゃん!」というのが結論になりそうです。音声コマンドの弱いところを液晶モニターが適度に補ってくれる印象です。特に日本だとスマートスピーカーよりスマートディスプレイの方がはやりそう。日本での発売がますます楽しみになります。Echo Spotは日本に送ってもらい本格的に使ってみたら、またレビューしますね。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧