• HOME
  • SmartHacks
  • 【SmartHacksランキング 2018年1月編】おすすめのGoogle Home対応Google AssistantアプリTOP10

【SmartHacksランキング 2018年1月編】おすすめのGoogle Home対応Google AssistantアプリTOP10

スマートスピーカーには日々新しい機能が追加されており、SmartHacksでは全ての新着アプリ・スキルを実際に使って試し、その情報をSmartHacks Databankに掲載しています。

この記事では、2018年1月までに公開された約200ものGoogle Home対応スキルの中から、SmartHacksがオススメするアプリTOP10を紹介します。※スマートホームアプリは除く

スポンサーリンク

1位 キーワードニュース

キーワードを指定すると、関連ニュースのヘッドラインだけを流してくれるアプリ。ニュースや知りたいことを短い時間で聞けます。ニュースアプリとして非常にシンプル。時間が無い時や軽く聞き流すのにも使いやすいです。

2位 作業トリガー

作業をやる気がいまいち…という時に「まずは、真っ直ぐな姿勢で座ってみましょう」などものすごく低いハードルを設定して指示してくれるアプリ。行動を促してくれるのはありがたい。スマートスピーカー特有の「会話での応対」というシステムが、他のデバイスにはない「トリガー」の押し方になっています。

3位 radiko

Amazonが発表した12月人気ランキングスキルで1位に輝いたradiko。個人的には使わないですが、ラジオ放送局をまとめて聞けるのは便利ですね。

4位 音楽ランキング

音楽サービスを設定していなくても、音楽チャートとサビを聞くことができます。曲名・歌手名はマイアクティビティで文字として確認可能です。

5位 おそおそ電車

最近は積雪などにより電車の遅れも多いですが、これは事前に電車の運行情報を調べることができます。対応路線の多さや、ソース元を明示しているところも良い。現在は関東のみ対応しています。

6位 楽天レシピ

献立や食材からレシピを探せます。献立も食材も決まっていなければ、「となりのごはん」から他の家庭で作っている料理を聞いて今日の料理を考えることも可能です。レシピをメールで送ってくれるなど、レシピ系では一番良いかも。

7位 ヨシオくん 危機一髪!

ナレーションの面白さやキャラクターが立っているところが〇。銃弾が入っている番号を逆に当てるサドンデスといった遊び方もできて面白い。ただ、お子さんにはジョークがキツイかも。

8位 どっちでショー

質問に答えると、その答えが「多数派」なのか「少数派」なのかを聞くことができるというシンプルなゲームアプリながら、演出にこだわりがあり、楽しく遊ぶことができます。ユーザーの回答を集計し、その結果を反映させているところもGood。

9位 Hit&Blow

Googleアシスタントが決めた4桁の数字をヒントをもとに、当てていくゲーム。初見では難易度が高く感じますが、思考時間も少ないので脳トレに最適。

10位 国名クイズ

国旗や観光名所などから、国の名前を当てるゲーム。難易度別に問題が作られ、小学生も知っている国の「かんたん」から詳しい人でも難しい「むずかしい」まで難易度がしっかりわけられているので幅広い層で楽しめ、勉強にもなります。

Amazon Echo編はこちら▼

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧