【海外】スマートスピーカー比較。Home Podの正答率は最下位!

ベンチャーキャピタルのLoup Venturesは、Apple「Home Pod」発売を受け、各社のスマートスピーカー比べをしました。

テストされたAI音声アシスタントは、AppleのSiri、Amazon Alexa、Google Assistant、MicrosoftのCortanaの4つ。

782もの質問をした結果、Google Home(スピーカー)の正当率は81%、Amazon Alexa(AI)は64%、MicrosoftのCortana(AI)は57%で、Home Pod(スピーカー)は52.3%と最下位でした。

とはいえ、Siriが優位だった質問もあります。地域店舗検索(例「この近くで美味しいコーヒーはどこで飲める?」)やショッピング(例「靴の購入を助けて」)です。こういう質問は、Amazon Alexa(AI)やMicrosoftのCortana(AI)より優秀でした▼

画像出典:Loup Ventures

カレンダーや電子メール、通話、ナビゲーションなどはHome Podではまだほとんど利用できません。これらに関する質問を728の質問から除くと、Home Podの正答率は67.3%に跳ね上がりました。今後Home Podでもカレンダーや電子メールは利用できるようになるはずなので、今後に期待しましょう。

また、Siriは回答できるのに、Home Podには回答出来ないものも多々あります。同じApple製品なんですから、今後はHome PodもSiri並みに使いやすくなるはずです。

Home Podは音質に注力し過ぎてスマートスピーカーとしてどうなの?というレビューも見ましたが、Siriの性能が良いのであれば、今後の改善が期待できますね!それにしてもやっぱりGoogle AssistantはAIとして優秀ですね。

情報元:WE RAN HOMEPOD THROUGH THE SMART SPEAKER GAUNTLET | Loup Ventures

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧