• HOME
  • SmartHacks
  • 【SmartHacksランキング 2018年2月編】おすすめのGoogle Home対応Google AssistantアプリTOP10

【SmartHacksランキング 2018年2月編】おすすめのGoogle Home対応Google AssistantアプリTOP10

スマートスピーカーには日々新しい機能が追加されており、SmartHacksでは全ての新着アプリ・スキルを実際に使って試し、その情報をSmartHacks Databankに掲載しています。

この記事では、2018年2月中にDatabankに登録した66のGoogle Home対応Google Assistantアプリの中から、SmartHacksがオススメするアプリTOP10を紹介します。※スマートホームアプリは除く

スポンサーリンク

1位 育児ノート

メモ内容を音声だけでなくパソコン等でも見られるのが非常に便利です。Google スプレッドシートにメモできるので、誰かと共有して日々の成長を見ることもできます。

2位 ウェブジム

インストラクターの説明にしたがってエクササイズや筋トレができます。現在は2種類のみですが、どちらも1分間ほどでイスに座ったままできるので非常に手軽です。メニューは随時追加予定のよう。

3位 赤ちゃんが好きな音

再生できる音の種類が多く、様々な音が選べます。2分経つといったん応答待ちになりますが、何も言わなければもう一度同じ音が再生されるので、ずっと鳴らしておくことも可能です(赤ちゃんがしゃべらなければですが)。巷でも「赤ちゃんが本当に泣き止む」と人気なようです。

4位 Radiko番組表

Google Homeで「Radiko」を利用している人も多いのではないでしょうか。「つぎ何の番組がやってるんだっけ?」という時も、このアプリを使えば番組表を聞くことができます。

5位 ボイスカンフー

じゃんけん式のようなシンプルなコマンドですが、進めていくにつれてフェイントや複数コマンドを使ってきたりと奥深さが出てきます。昔のガラケーやスマホゲームにもあった「ログアウト時でも自分の分身が誰かと戦う」という形式を採用。ちなみに、ボイスカンフーのツイッターではリアルタイムの戦いが実況されています。

6位 ハロー料金検索

宅配業者に頼んで荷物を送る時、どこが一番安いのかって気になりますよね。でもひとつひとつの業者を調べるのはあまりに面倒くさい。このアプリなら主要3社の料金を検索して一度で比較できます。もちろん特定の業者のみでの検索も可能。

7位 俺のドレッシング

その場で作れるドレッシングを、自分の希望を元に提案してくれます。ドレッシングを切らした時や、手近な調味料で新しいドレッシングを開拓したい…!という時に使いましょう。

8位 罰ゲー

シンプルに罰ゲームを教えてくれるだけなのですが、最初のBGMを聞くと「どうしてもやらなければいけない…」というような気にさせられます。出オチで面白いアプリです。

9位 レアジョブリスニング

今日のニュースをひとつ英語で聞くことで、リスニング力が鍛えられます。レアジョブリスニングの英語ニュースは、専門用語や難しい単語を少なくして初心者にも聞きやすくしているように個人的には感じました。

10位 どうぶついえるかな

出題される動物の名前がマニアックなものもいくつかあり、出題数が増えると全問正解はかなり難しいゲームでしょう。すでに出た名前と重複していないかはGoogle Homeが確認してくれますし、大勢でやると中々面白いです。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧