【AI・人工知能EXPO】特別講演「AmazonによるAIの民主化」レポート

2018年4月4日〜6日まで第2回となる「AI・人工知能 EXPO」が東京ビッグサイトで開催されています。本記事では4日に行われた特別講演「AmazonによるAIの民主化」の一部要約をレポートします。講演者は、ラヴィ・ジェイン氏(Amazon.com, Inc. Alexaマシンラーニングプラットフォーム バイス・プレジデント)。

スポンサーリンク

VUIの持つ破壊的なパワーは、生活の中にシームレスに溶け込むこと

Amazonが取り組むAIの民主化とは、AIとテクノロジーを多くの人に使ってもらうことです。これまでテクノロジーとインターフェースは10年ごとに進化を遂げてきました。マウスでクリックをした瞬間など、魔法のように感じる進化の瞬間がいくつもありました。そして今、VUI(ボイスユーザーインターフェイス)が破壊的なパワーを持つマジックになっています。

もともと人間には言語能力が備わっていますので、VUIを使うためにコンピュータなどのデバイスに慣れる必要がありません。まるで友達と話すようにやりとりできます。このようにインタラクションのやり方がこれまでとは全然違うレベルにまで改善されたのが、VUIのすごいところです。VUIは生活の中に馴染み、人間がデバイスを意識することなく自然にやりとりができるようにしました。

Amazon Echoシリーズのスキルレビューで、最高評価の5つ星がついたものは3万件以上あります。このレビューの半数以上に「LOVE」という言葉が使われていますが、これはユーザーの生活にEchoが馴染んでいる証拠でしょう。我々にとって、とても励みになるものです。

AIを民主化するための3つの取り組み

AIをより多くの人に使ってもらうための取り組みは主に次の3つです。

1.ローカルの知識をAmazon Alexaに学習してもらう

たとえば、日本のユーザーはAlexaに音楽をかけて欲しい時、「ドリカムをかけて」と言うかもしれません。

ドリカムは、DREAMS COME TRUEの略語です。こうした略語は、地域ごとにありますが、Alexaがこれを知っていることで幅広いユーザーにリーチできます。Amazonではローカル特有の知識をAlexaが学習をすることで多くの人に使ってもらおうとしています。

2.プロでなくてもサードパーティ製のスキルを開発できる

サードパーティ製のスキルは、Amazon Echoシリーズの能力を拡張してくれる大切なものです。そのため、スキルを開発したいと思った人は、VUIのプロでなくても、また開発のプロでなくてもスキルをつくれるようにAmazonではAlexa Skill KitかAlexa voice serviceの2つを準備をしています。これを使えば、プロでなくともスキルをつくることができるのです。

日本ではすでに600以上のAlexaスキルが開発されていますが、ここには日本のエンジニアの知恵が反映されています。これだけさまざまなスキルが開発されていることこそ、まさにAIの民主化のエキサイティングなところです。

3.音声AIアシスタントであるAlexa自身をよりスマートにする

Amazonでは2016年の9月に「Alexa Prize」を導入しました。「Alexa Prize」は大学および大学生向けのコンテストです。対話型のAIをつくって競い、優勝したグループには賞金を出します。目的は、大学などの研究機関やテクニカルコミュニティと交流して、AIの進化の速度を上げることです。

つくるものは雑談型のソーシャルボットです。政治やファッションなどについて会話ができたら賞金50万ドル。そのまま一貫して自然な対話を20分以上できれば、さらに100万ドルの賞金を追加します。

20分というのは短く感じますか? でも、これはかなり難しいことなのです。

昨年はワシントン大学が10分間の対話に成功して優勝しました。このボットは毎日使われ、レーティング(評価)していますが、日々成長しているのがわかります。AIは使えば使うほど精度が高まるのです。Alexaの力を底上げすることで多くの人が快適に使えるようにしようとしています。

スキルのマネタイズについて

サードパーティ製スキルは、Alexaの能力を拡大する大切な存在ですが、収益化につなげるためにはユーザーが喜ぶ体験を提供しなければなりません。

アメリカでは、TuneIn Liveという12万のラジオ局を聞けるサービスがあります。今でもTuneInをAlexaで利用することはできますが、これからTuneInのプレミアムコンテンツも利用できるようになります。

その際、Alexaユーザーであれば、プレミアムコンテンツを割引した値段で利用することができます。このようにエコシステムに刺激を与え、収益化を図っていくことを考えています。

これからAlexaができるようになること

Alexaは使えば使うほど賢くなります。これからできるようになるだろうことを紹介します。

1.文脈のより深い理解

これからAlexaは文脈をより深く理解するようになるでしょう。現在、Alexaとの会話は、「アレクサ、天気を教えて」というと「東京の天気は、◯度です」と返ってきます。これを1回の会話だとしたら、次の質問をするには、また最初から繰り返さないといけません。

ですが、今後は次のような会話が可能になるでしょう。

ユーザー 「アレクサ、モブミュージアムはどこにあるの?」
Alexa 「モブミュージアムは、6マイル離れています。ラスベガスにあります」
ユーザー 「どうやって行けばいいの?」
Alexa 「一番速いのは、317アヴェニューになります」

ユーザーは、2回目の質問でモブミュージアムとは言っていません。つまり、Alexaはユーザーがモブミュージアムと言っていなくても、前回の文脈からユーザーはモブミュージアムの場所を聞いているんだと理解しているのです。これはすごいことです。Alexaは、ユーザーの発話のうち、どの構成要素が次の文脈を理解するために必要なのかを把握しているということなのですから。

2.デバイスの違いを理解する

今後はマルチモデルのインタラクションが始まるでしょう。マルチモデルとは、Alexaがデバイスごとの特徴を理解して対応するということです。

ユーザーは、複数のAmazon Echoシリーズを持っていることもありますし、Fire TVなどでIoT機器と接続していることもあります。

たとえば、ユーザーが「アレクサ、Lost of City Z(邦題「ロストシティZ」)をプレイして」と言った場合、ユーザーがEchoしか持っていなければKindleからLost of City Zの書籍を読み上げます。ですが、もしもFire TVを持っていたら、Lost of City Zの映画を再生します。

Lost of City Zは映画にも書籍にもなっていますが、Alexaはユーザーの求めに適切に答えるデバイスは何かということを理解して対応するようになるでしょう。

3.話者の違いを認識する

話し手が誰か、声を聞いてAlexaは識別できるようになるでしょう。そうすると、次のような会話が可能になります。

男性  「アレクサ、僕は誰?」
Alexa 「あなたはコナーさんです。これはコナーさんのアカウントです」
女性 「アレクサ、私は誰?」
Alexa 「あなたはジュリアさんです。コナーさんのアカウントを使っています」

これが可能になると、たとえば個人用のミュージックプレイリストをつくることができるなど個人のカスタマイズが進みます。より便利にユーザーが使うことが可能になるのです。

まとめ

AIを民主化するための取り組みは、次の3つです。

AIを民主化するための3つの取り組み
ローカルの知識をAlexaが学習する
プロでなくてもサードパーティ製のスキルを開発できる
Alexa自身をよりスマートにする

さらに日々多くの人に使われることでAlexa自身が成長しています。Alexaはまだよちよち歩きですが、そのパワーを一段と高めるために日々成長しています。

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧