• HOME
  • 企画
  • 【スキル開発者必読】Amazon Alexaスキルは何曜日に公開すると最もユーザーに使われるのか?

【スキル開発者必読】Amazon Alexaスキルは何曜日に公開すると最もユーザーに使われるのか?

Amazon Alexaスキルは660以上のスキルが公開され(2018年4月時点)、なおかつ今もどんどん増えています。そうした中で少しでもユーザーに自分の開発したスキルを使って欲しいですよね。

私はEternal Life研究所でAIスピーカースキル開発&RPAサービスを提供しています。これまで20以上のAlexaスキルを公開してきた経験から、スキルを公開するタイミングによって使用頻度が変わることに気がつきました。今回は、そのタイミングがいつなのかを紹介します。

スポンサーリンク

スキルを公開する曜日によって使用頻度が変わる

スキルを公開するタイミングによって、使用される回数も大きく違ってくるというのはスキル開発者には意外かもしれません。使用回数を稼げる日を狙ってスキルを公開するには、審査申請から公開されるまでの日数を想定することも大事です。

日本とアメリカでも審査にかかる時間に違いがありましたので、おまけとしてアメリカの審査についてもご紹介します。

日本の審査

まず最初に日本の審査についてお伝えします。

金曜日に公開されるスキルが最も使われる

金曜日に公開されると、使用頻度が最も高まります。というのも、土日は審査が休みになり、公開されるスキルがないからです。そのため土日も新着にのり続け、多くの人の目に触れることになります。

私が公開してきたスキルのうち、一番使ってもらったスキル「リング照らす」は2018年3月2日金曜日に審査が通り公開され、土日に新着ベスト3に出続けたので、3日で687回使用されました。それで勢いがついたのか、公開40日で5629回ご使用いただきました。

このスキルは”Amazon Echoのリングライトを光らせ続けるだけ”というシンプルなスキルです。こんなおかしなスキルでも通してくれるので審査は面白いですね。

「リング照らす」の詳細はこちら▼

「リング照らす」以外に公開したスキルを含めて、それぞれの公開した日付・曜日と使われた回数を紹介します。なお、公開した日付は全て2018年です。

スキル名 公開した日付・曜日 使用回数 コメント
リング照らす 3月2日(金) 40日で5629回 金曜日に公開したことで最も使われました
チンチロリンゲーム 2月20日(木) 50日で165回 サイコロというコンテンツの需要の少なさもあるかもしれませんが、金曜日に近くてもこの程度の使用回数です
褒め達人 2月26日(月) 45日で1612回 ひたすら褒めてくれるという狙いはいいと思いますし、カテゴリ新着に一週間載っていましたが、この程度の使用回数です
お名前占い 3月20日(火) 20日で440回 占いというコンテンツだけで魅力が高いと思われますがこの程度の使用回数です

金曜日を狙わない申請では平均して最初の1週間で200回、その後の1ヶ月で、もう200回使用されればいい方だと思います。使用回数は機能や狙いよりも、どれだけ人の目に触れたかによるところが大きいので、やはり公開日は重要です。金曜日にスキルを公開するのが最もオススメです。

「チンチロリンゲーム」の詳細はこちら▼

「褒め達人」の詳細はこちら▼
「お名前占い」の詳細はこちら▼

申請から公開までかかる時間はどれくらい?

金曜日に公開してもらうには、審査にかかる時間を逆算して申請に出す必要があります。日本では審査にどれくらい時間がかかるのでしょうか。

審査は平日の午前に一度、再審査をかけると午後にもう一度審査してくれます。土日は審査がないようです。公開承認メールが来て、3時間後ぐらいにAlexaアプリの新着スキルに現れます。

それでは、何曜日のいつに申請したらいいのか、という結論は後ほどご紹介します。

English(US)の審査

アメリカでの公開に躊躇する方も多いかもしれませんが、日本で通ったスキルを英語に翻訳したスキルならば通りやすいようですよ。

土日に公開するのがオススメ

US版では、土日に審査に出して日本時間月曜の明朝にフィードバックがありました。月曜の明朝は、アメリカ時間では日曜の深夜に当たるのですが、土日も審査とスキル公開をしているようです。それでも土日に公開した方が人の目に触れやすいのか、使用頻度が伸びる傾向にあります。

これまで私が英語版でつくったスキルの日付と曜日、使用回数をご紹介します。

スキル名 公開した日付・曜日 使用回数
Japanese Words 2月17日(土) 53日で218回
fighting exercise 3月19日(月) 24日で51回

日本と同じように機能的な優劣よりも公開タイミングで使用回数に差が出ると感じます。

ただ日本と違うのは、スキルストアの評価が機能していることです。アメリカのアマゾンにはスキルストアがあり、Alexaアプリの新着にのるのと同じタイミングで、スキルストアにものります。

日本のスキルストアではまだほとんど星評価コメントをいただけませんが、アメリカのスキルには多くの星評価が投稿されています。そこで評価を集め、新着としてだけでなくロングテールを狙っていくことでも使用回数が伸びていくと思われます。

申請から公開までかかる時間はどれくらい?

英語版のスキル「Fighting exercise」は、日本語でつくったスキル「ファイトエクササイズ」を翻訳し審査依頼したところ、申請してわずが8時間で審査が通りました。

「ファイトエクササイズ」の詳細はこちら▼

すでに通っているスキルのローカライズは審査が通りやすいようです。英語が堪能でなくても、日本語で審査を通せば、カタコトのGoogle翻訳でも通るのではないでしょうか。

まとめ:狙った曜日に公開されるようにはいつ申請するのがいいのか

日本では金曜日に公開するのがベストだとお伝えしましたが、それでは、いつ申請すれば、金曜日に公開されるのでしょうか?

簡単なスキルであれば、木曜日の夜に審査に出すのがいいでしょう。すんなり通れば、金曜日の朝に公開されますし、差し戻しがあっても、再申請をして夜までに合格して金曜日の夜に公開されることになります。

ただ、APIを使用したりと機能が複雑化してくると、最大5日程度かかるとAmazonのスキル審査チームが述べていました。

アメリカ版ではローカライズ版は8時間で通りましたから土曜に公開したければ、金曜日の夜か土曜日の朝に申請するのがいいと思います。ただ、これも複雑なスキルだと時間がかかるでしょう。

審査も人力で行われますし、審査される順番や混み具合もありますので、いくつかスキルを申請し、公開して時期を掴んでいくのがいいと思います。

スキルのSEOについて気になる方はこちらをご覧ください▼

YJ

Eternal Life研究所 所長 ホームページ製作全工程、カートシステムカスタマイズ、それらのPDCA改善を行っており、売り上げ最適化により2年半で化粧...

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧