自分の代わりに電話予約をしてくれる「Google Duplex」相手にはAIだと知らせる

Googleが毎年、開発者向けに開いているカンファレンスGoogle I/Oが2018年も開催されました。なかでも注目すべきは、米国時間5月8日に発表された「Google Duplex」です。

まずは次の動画をご覧ください。この動画は、Google I/Oに参加した方が撮影してTwitterでシェアされたものです。

この動画の中では、Google Assistantが美容院の予約をしています。途中で人間のように「Mm-hmm」と相槌を打ち、観客から笑い声が。非常に人間らしく流暢に喋っています。これでは電話を受けている人も、まさか相手がAIとはわからないでしょう。

新機能「Google Duplex」は、本人の代わりにGoogle Assistantが電話をかけてくれるというものです。Google Homeに「美容院を予約しておいて」と言うと、Googleカレンダーの空いている時間を確認して、電話をかけて予約をとってくれるというのですから、ものすごい近未来感ですね!

とはいえ、Google Duplexが発表されると「相手にAIだと知らせるべきかどうか」という論争が米国で巻き起こりました。これに対してGoogleは「適切な形で正体を伝える」と述べています。

情報元: Google Duplex: An AI System for Accomplishing Real-World Tasks Over the Phone|Google AI Blog

Google says it’s designing Duplex with ‘disclosure built-in’|clnet

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧