• HOME
  • 企画
  • 【連載】ちょっ子さんちのGoogle Home【12】きゃん太の知りたい言葉

【連載】ちょっ子さんちのGoogle Home【12】きゃん太の知りたい言葉

第1回から読みたい方は、【1】Google Home Miniがやってきた!をご覧ください。

こんにちは、イラストレーターのちょっ子です。

息子・きゃん太(7歳)から飛び出す質問がだんだん難しくなってきて、恥ずかしながらうまく答えられないことも増えてきました。本来ならばそろそろ辞書を引くことに慣れさせるべきなのでしょうが、あ……そこにGoogle Homeいるじゃん……聞けば早いじゃん……? とついついGoogleに頼ってしまっています。

だってGoogle先生ったら何でも知ってるんですもの! すぐ答えてくれるんですもの! 手を動かさなくても疑問が解決するってめちゃくちゃ快適なんです。

そして気になるのが、きゃん太が調べたい言葉というのが時々ちょっと怖いということ。

波動……。インフェルノ……。

妙にスピリチュアルというかうっすら中二病ぽいというか。なにそれ? 誰が言ってたの? いつ何どき使うの? と少々不安な気持ちになってしまいました。でも何にせよボキャブラリーが増えるのは良い事ですよね……。

ただ、せっかくGoogle先生に聞いてもその回答そのものに難しい言葉が使われていて、子供にとっては余計に謎が深まる場合もありますけどね!

(そしてどうにか噛み砕いて説明してあげようとするも、言葉が出て来ずただただモゴモゴする私の心の波動がインフェルノ。)

ももママのお家でもスマスピが活躍していますよ〜▼

ちょっ子

ちょっ子 一児の母でイラストレーター。個性強めの息子と夫に翻弄される日々を送っています。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧