• HOME
  • まとめ
  • LINEのClova(クローバー)とは?スマートスピーカーの種類や使い方をわかりやすく解説

LINEのClova(クローバー)とは?スマートスピーカーの種類や使い方をわかりやすく解説

「LINEのクローバーってなに?」と思っている方もいるでしょう。

この記事では、名前は聞くけど、意外と知らないLINEのClova(クローバー)について、Clovaのスマートスピーカーを持っている私が解説しています。

「LINEのクローバーについて知りたい」「LINEのClovaのスマートスピーカーを買おうか迷っている」という方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

LINEのClovaとは?


Clova 公式サイト
LINEのClova(クローバー)とは、LINEが開発したAIアシスタントのことです。

中には、「AIアシスタントってなに?」と思った方もいるでしょう。AIアシスタントについては、詳しくは次の章で解説します。

LINEのClova(クローバー)は、以下の3つの意味で使われる場合があるので、覚えておくと混乱せずに済みますよ。

LINEのClovaの3つの意味
  • ①AIアシスタントの名前
  • ②スマートスピーカーの名前
  • ③スマートスピーカーを操作するアプリの名前

なお、四つ葉のクローバーのスペルは「Clover」なのに対して、LINEのクローバーのスペルは「Clova」となっています。

①AIアシスタントの名前

上記でも紹介したとおり、LINEのClovaは、音声AIアシスタントの名前として使われます。「AIアシスタント」とは、ユーザーが音声で発した言葉に対して、アクションを起こしてくれる人工知能の一種です。

たとえば、「クローバー、今日の天気を教えて」と話しかければ、Clovaは今日の天気を教えてくれます。

音声AIアシスタントは、Clova以外にも、以下の種類があります。

提供企業名 AIアシスタント名
Google Googleアシスタント
Amazon Amazon Alexa(アレクサ)
Apple Siri(シリ)

多少の誤解を恐れずに言えば、「ClovaはiPhoneに入っているSiri(シリ)のLINE版」のようなものです。

②スマートスピーカーの名前

また、ClovaはLINEのスマートスピーカーの名前にも使われています。これは、LINEのスマートスピーカーがClovaに対応しているためです。

2018年10月時点では、Clovaの名前を持った以下の3つのスマートスピーカーが登場しています。

Clovaに対応しているスマートスピーカー
  • Clova WAVE(クローバーウェーブ)
  • Clova Friends(クローバーフレンズ)
  • Clova Friends mini(クローバーフレンズミニ)

それぞれのスマートスピーカーの特徴は、長くなるため後の章で詳しくお伝えします。

③スマートスピーカーを操作するアプリ名

ややこしいですが、先ほど紹介したスマートスピーカーを操作するLINEのアプリの名前もClovaと言います。

「LINEのClova」と一言で言っても、「AIアシスタント」、「スマートスピーカー」、「アプリ名」という3つの意味で使われるのでちょっとややこしいですね。

LINEのClovaの使い方とでできること

LINEのClovaの使い方は簡単です。まずは、Clovaに対応しているスマートスピーカーの初期設定を完了します。

その後、「クローバー、〇〇して」とスマートスピーカーに話しかれば、Clovaがアクションを起こしてくれます。

主に以下のことができます。





声のかけ方 アクション
「童話を読んで」 童話を再生してくれる
「音楽をかけて」 音楽を再生してくれる
「天気を教えて」 天気を教えてくれる
「アラームをセットして」 アラームをセットしてくれる
「最新ニュースを教えて」 ニュースを教えてくれる
「ラジオをつけて」 ラジオを再生してくれる
「□□さんへ電話して」 □□さんへLINEの無料通話をかける

この他にもClovaでできることは、たくさんあります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

LINEのClovaシリーズの種類と特徴

「Clovaでできることはわかったけど、スマートスピーカーの種類ごとになにか違いはあるの?」と思った人もいるでしょう。ここでは、Clovaに対応しているスマートスピーカーの種類と特徴を解説します。

それぞれの端末の特徴は以下の表のとおりです。

Clova Friends Clova Friends mini Clova WAVE
価格 8,000円 5,000円 14,000円
Bluetooth 入力/出力 入力/出力 入力
ステレオ出力 10W 7W 20W
バッテリー量 2,850mAh 2,000mAh 5,000mAh
LINE通話 ×
赤外線リモコン 別売り 別売り 内臓
デザイン 3種類 4種類 1種類

Clova Friendsがバランスがいい【8,000円】


Clova Friends

Clova Friendsは、Clovaの対応の機種の中で、一番バランスがいいスマートスピーカーとなっています。LINEの無料通話に対応しており、スピーカーの性能も10Wあるので、力のあるサウンドを楽しめます。

「10Wと言われても、ピンとこない」という方もいるでしょう。個人宅の部屋ならすみずみまで、音声を届けられるくらいの出力と思ってください。

Clova Friends miniが廉価版【5,000円】


Clova Friends mini

Clova Friends miniは、Clova Friendsの廉価版です。違いは、スピーカーの性能が7Wに抑えられている点とバッテリーの容量が小さい点です。

とはいえ、できることはほとんどClova Friendsと同じなので、コストパフォーマンスに優れていています。「スピーカー性能は控えめでもいい」という方には、こちらがオススメです。

また、Bluetooth機能を使って、Bluetooth対応のスピーカーへ音声を飛ばせるので、「スピーカー性能が物足りない」と思っても、外付けのBluetooth対応スピーカーと連携可能です。

Clova WAVEは非対応の機能が多い【14,000円】


Clova WAVE

Clova WAVEは最初に発売されたClova対応のスマートスピーカーです。しかし、LINEの無料通話に対応していなかったり、Bluetoothで他のスピーカーへ音声を飛ばせなかったりと非対応の機能が多い点がちょっと残念です。まぁ、単純にClova Friendsが進化した証拠とも言えますが。

赤外線リモコン機能を内蔵していますが、Clova FriendsやClova Friends miniも3,500円のClova Friends Dock(ドック)を使うことで、赤外線リモコン機能を追加できるようになったので、存在価値が薄れてしまいました。Clova FriendsやClova Friends miniという後輩たちが優秀過ぎて、早くも引退気味です。

Clova WAVEの長所は、本体のスピーカーの性能は20Wと高いくらいです。音質を重視する人以外は選択肢から外れるでしょう。

LINEのClovaがオススメの人

「スマートスピーカーは、Google HomeやAmazon Echoとかあるけど、結局どれを買った方がいいの?」
「Clova対応のスマートスピーカーはどんな人にオススメなの?」

などと気になっている方もいるでしょう。

そこで、この章では、Clova対応のスマートスピーカーがオススメの人を紹介します。ここで紹介する項目に当てはまったなら、Clovaがオススメですよ。

安くてかわいいスマートスピーカーを探している方

安くてかわいいスマートスピーカーを探しているなら、Clova Friendsがオススメです。見た目がかわいい上に、ライバルのGoogle HomeやAmazon Echoに比べて値段も安いです。

Clova Friends Amazon Echo Google Home
8,000円 11,093円 14,000円

スマートスピーカーは世界中で発売されていますが、キャラもののスマートスピーカーはClova Friendsのみなので、世界的にも珍しい存在です。

無表情な見た目がかわいいです▼

仕事から帰ってきてからClova Friendsを見ると不思議とホッとしますよ。

LINEの無料通話を使いたい方

Clova FriendsやClova Friends miniは、スマートスピーカーの中で、唯一LINEの無料通話に対応しています。

スマホと違ってハンズフリーで通話ができるので、家事などの作業をしながらでもLINEの無料通話を使えます。3メートルくらい離れた場所からでも通話ができるので、実際に使ってみると「革新的だ」と思うほど便利です。

LINEの無料通話を使うためには、設定が必要です。以下の記事では設定方法を画像付きで解説しています。

バッテリー内蔵で持ち歩けるスマートスピーカーがほしい方

Clova対応のスマートスピーカーは、バッテリーを内蔵しているため、コンセントがない車の中やキャンプ場などにも持ち出すことができます。

スマホのテザリングを使って、インターネットに接続すれば、移動中に音楽を楽しんだり、キャンプで料理をするときのキッチンタイマーになってくれたりと活躍します。

Google HomeやAmazon Echoにはバッテリー機能は付いていないため、スマートスピーカーを持ち運びしたい方には相性がいいです。

小学生以下のお子様がいる家庭

Clova Friendsは、童話や子守唄を再生してくれるため、お子様の遊び相手になってくれます。

また、Clova Friendsを家に置いておくだけで、スマホを持っていないお子様ともLINEで無料通話ができるので、子持ちの方にもオススメです。

知り合いの人は、「小学校低学年だと、『OK!Google』って上手に発音できなかったりするから『クローバー』は、子供でも発音しやすくて助かる」と言っていました。Clova Friendsは、子供でも扱いやすいので、小学生以下のお子様がいるご家庭では、特に重宝しますよ。

Clovaは独自の機能と価格が魅力

確かに、Clovaは、Amazon EchoやGoogle Homeに比べるとスキルの数が少ないです。しかし、音楽再生やニュースなどの主要な機能は使えます。また、バッテリー内蔵だったり、LINEの無料通話が使えたり、と独自の機能も魅力です。

童話や子守唄など子供向けの機能も充実しています。そしてなによりも、8,000円や5,000円で購入できるというリーズナブルな点が魅力です。

「安くて使いやすいスマートスピーカーがほしい」という方には、ピッタリの機種です。Clovaは日々賢くなっているので、最先端の技術を体験してみてはいかがでしょう。

Clova Friends mini

Clova Friends

SmartHacks Magazine 編集部

スマートスピーカーで遊ぶ集団。

記事一覧

スマートスピーカー対応アプリの開発にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧